2019/9/27

ともきの日記14

こんばんは。ともきです。

みなさんはジントニックはお好きですか。

ジントニックと言えば、ジンとトニックウォーターとライムで作るとてもシンプルなカクテルですが、男女問わず大人気で居酒屋さんにもよくメニューに置かれています。

今回はそんなジントニックのアレンジを3つ紹介しようと思います。

3種類ともジントニックにほんの一手間加えるだけの簡単なアレンジです。

1つ目は、ジントニックにアンゴスチュラビターズを数滴加えるだけです。数滴加えるだけで苦味が増してキリッとした印象になります。

2つ目は、ジントニックに食塩水を一滴加えるだけです。スイカに塩をかける様に、ジントニックに塩が加わると、トニックの甘さを引き立てて、ライムの酸味をまるくしてくれます。

3つ目は、ジントニックにブルーキュラソーを10〜15ml加えるだけです。ブルーキュラソーを加えることでジントニックが鮮やかな青色になり見た目もとても綺麗になります。

以上3種類ですが、どれも簡単なので是非試してみてください。

2019/9/13

ともきの日記13

みなさんこんばんは。

9月も中旬に差し掛かり、夜風が涼しい季節になってきましたね。

 

今夜もお酒紹介シリーズです。

今回はラムについて紹介していこうと思います。

ラムと言えば昔、海賊がよく飲んでいたイメージがありますよね。

そんなラムとは一体どんなものなのか紹介します。

ラム酒はサトウキビの絞り汁から作られる蒸留酒で、いわゆるスピリッツの1つです。

ラムは大きく3種類に分けられ、シルバー(ホワイト)、ゴールド、ダーク(ブラック)があります。

シルバーは無色透明で活性炭などでろ過をします。ゴールドやダークは、樽熟成することで色や香りをつけています。また、着色料をいれて作られている製品もあります。

ここで最初にも触れていた海賊との関わりについて少しお話ししようと思います。

色々諸説はありますが、今日は2つ紹介します。

1つ目は、壊血病の特効薬として飲まれていた。

本当に効果があるのかはわかりませんが、海賊たちは長い航海の中での栄養不足による壊血病を恐れていました。そんなかラムは壊血病の特効薬と信じられていたため、船や港の酒場によく置かれていたそうです。

2つ目は、水の代わりで飲まれていた。

長い航海の中では食料だけでなく、水も腐ってしまいます。

しかし、ラムなどのお酒は何年も腐ることはないので、水の代わりとして重宝されていたそうです。

 

最後に、ラムの主なブランドとラムを使ったカクテルを紹介して終わろうと思います。

主なブランド

バカルディ

ハバナクラブ

ロン・サカパ

パンペロ 等

ラムを使ったカクテル

ダイキリ ラム45ml ライムジュース10〜15ml 砂糖1tsp シェイク

XYZ ラム45ml コアントロー15〜20ml レモンジュース15〜12ml シェイク

キューバリブレ ラム45ml ライムジュース10ml コーラ適量 ステア(ライムをレモンにするとラムコークになります)

以上、今回はラムについて紹介しました。

2019/7/29

ともきの日記12

皆さんお久しぶりです。約2ヶ月ぶりの更新です。

 

今回はテキーラについてご紹介しようと思います。

最近では、パリピ酒として有名なテキーラですが、実は色々な歴史のある面白いお酒なんです。

そもそももテキーラとは、竜舌蘭(Agabe;アガベ/アガヴェ)という植物から作られる、メキシコの蒸留酒です。

テキーラは大きく分けて2種類あり、ブルーアガベ100%のものを「プレミアムテキーラ」それ以外のものを「ミクストテキーラ」と呼びます。

飲み方としては、ライムを口へ絞りながらショットで飲み、最後に塩を舐めるのが一般的です。マルガリータなどのカクテルにも使われます。

テキーラもウイスキーなどと同じ様に、樽で熟成させます。

また、その熟成年数によってクラス分けされています。

一般によく飲まれている無色透明な物はブランコ(Blanco/Silver)と呼ばれ、製造されてすぐ瓶詰めされたものです。

高級テキーラとして飲まれているアネホ(Anejo/Extra Aged)1年以上寝かせて樽の色、香りをつけたものなどがあります。

当店ではブランコのみ提供していますが、気になった方は是非色々なクラスや種類を試してみてください。

 

2019/5/7

ともきの日記11

みなさんこんばんは。

しばらく更新できていなかったのでお久しぶりの投稿です。

さて、今回はグラスワインが新しくなったので紹介しようと思います。

今日は赤ワイン編です。

左から

イタリア ピポリ・アリアニコ・デルヴルトーレ ¥600

チリ ウィリアム・フェーヴル「エスピノ」ピノ・ノワール ¥700

アルゼンチン アンデルーナ・セラーズ「フィロスール」カベルネ・ソーヴィニヨン ¥700

イタリア テヌータ・ロセッティ ゴヴェルノ・アッルーゾ

トスカーノ ¥900

どちらも辛口になります。

GW明けですが、是非一杯飲みにいらしてください。

お待ちしております。

 

2019/2/19

ともきの日記10

こんばんは。

今日は生憎の雨ですが、いかがお過ごしでしょうか。

カンティーナ今夜のおすすめはこちらです。

 

本日の一押し“ハマグリの白ワイン蒸し”

他にも美味しい料理と美味しいお酒多数ご用意しております。

ご来店お待ちしております。

 

2019/2/5

ともきの日記9

皆さんお久しぶりです。

今日は珍しく日記らしいことを書こうと思います。

先日、サービス接遇検定1級の面接を受けに行ってきました。

会場に着くと、意外と皆さんリラックスした感じで仲間に方と話していました。おそらく専門学校等のお友達だと思います。

面接は2人1組で行って、最初にテレセールス(電話応対)があり次に模擬接客販売があります。

テレセールスは面接前の3分間で課題を覚えてそれに沿って実際に応対するのですが、これが緊張してしまい言葉が出てこず詰まり詰まりになってしまいました。

次の模擬販売はスカーフやネクタイ、カーディガンなといくつかある物の中から1つ選んでお客さんにおすすめすると言うものなのですが、これがまたお客さんがいじわるなので、「まだセールってやってるかしら」と聞いてくるので一気にテンパってしまって言いたかったことが言えませんでした。

最後に面接官の方から講評を頂くのですが、「あなたは表情はとてもいいけど、言葉が硬い。もっとざっくばらんさが欲しい」と言われてしまいました。

親しみを込めてやったつもりでしたが、なかなかざっくばらんさを出すのは難しいですね。

結果は3週間後に届くのですが、手応えはないのであまり期待せずに待っています。

もし落ちていても筆記試験が受かっていれば、2回まで筆記試験が免除されるのでめげずに頑張ろうと思います。

2019/1/22

ともきの日記8

こんばんは。お久しぶりです、ともきです。

先日、お客様とお話ししていた時にグラッパの話題になったので

今日はグラッパについて紹介したいと思います。

そもそもグラッパとはブランデーの一種で、ワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違い、ワインを作る際に出たぶどうの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作ります。

元々は無色透明なのですが、木樽で熟成させることでブランデーのような色合いになっていきます。

グラッパは蒸留して作るため、ワインなどの醸造酒に比べると度数は高くなります。一般的には40度前後が多いのですが、物によっては30度のものや、中には60度になるものもあるそうです。

かなりアルコール度数が高いお酒なので、飲む際には量の加減に注意が必要ですね。

グラッパはイタリアンの食後酒の定番です。食後にアルコール度数の高いお酒を飲むと、胃液の分泌を促してくれる働きがあると言われています。

当店にも2種類のグラッパをご用意しております。

ぜひ食後にフルーティな香りのグラッパをお試しください。

2019/1/8

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は多くのお客様にご来店、ご愛願賜り、誠にありがとうございました。

新しい年を迎えるにあたり、スタッフ一同気持ちを入れ替えて皆様に満足いただける料理とサービスの提供を心がけて まいります。

本年も皆様のご愛願のほど、よろしくお願いいたします。

2018/12/29

年始の営業についてお知らせ

お客様各位

 

平素は皆様の格別のご愛顧のほどありがとうございます。

年始の営業につきまして

 

年始 1月4日より通常通り営業

 

上記のとおりになりますので、何卒よろしくお願いします。

 

2018/12/29

ともきの日記7

こんばんは。

みなさん楽しいクリスマスを過ごされていますか。

今日は前回の続きを紹介しようと思います。

さっそく、紹介していこうと思います。

3つ目は、アイルランドのウイスキーです。

アイリッシュウイスキーと呼ばれ、古い歴史があり”ウイスキーの元祖”とも言われています。

味や香りは、穀物の香りがしてスッキリとした味わいです。普段飲まれない方も飲みやすいウイスキーです。

4つ目は日本のウイスキーです。

ジャパニーズウイスキーと呼ばれ、最近では世界で高い評価を受けています。

味や香りは、穏やかな香りで、バランスが良くまろやかです。

スコッチに比べスモーキーさは控えめです。

5つ目はカナダのウイスキーです。

カナディアンウイスキーと呼ばれ、五大ウイスキーの中で一番ライトな飲み口です。

味や香りは、トウモロコシをベースにアイリッシュウイスキーよりも軽い口当たりです。

以上、五大ウイスキーを紹介しました。

みなさんのお好みのウイスキーを見つけてみてはいかがでしょうか。