2019/7/29

ともきの日記12

皆さんお久しぶりです。約2ヶ月ぶりの更新です。

 

今回はテキーラについてご紹介しようと思います。

最近では、パリピ酒として有名なテキーラですが、実は色々な歴史のある面白いお酒なんです。

そもそももテキーラとは、竜舌蘭(Agabe;アガベ/アガヴェ)という植物から作られる、メキシコの蒸留酒です。

テキーラは大きく分けて2種類あり、ブルーアガベ100%のものを「プレミアムテキーラ」それ以外のものを「ミクストテキーラ」と呼びます。

飲み方としては、ライムを口へ絞りながらショットで飲み、最後に塩を舐めるのが一般的です。マルガリータなどのカクテルにも使われます。

テキーラもウイスキーなどと同じ様に、樽で熟成させます。

また、その熟成年数によってクラス分けされています。

一般によく飲まれている無色透明な物はブランコ(Blanco/Silver)と呼ばれ、製造されてすぐ瓶詰めされたものです。

高級テキーラとして飲まれているアネホ(Anejo/Extra Aged)1年以上寝かせて樽の色、香りをつけたものなどがあります。

当店ではブランコのみ提供していますが、気になった方は是非色々なクラスや種類を試してみてください。